窓の断熱性能

今日は、窓の断熱性能について語ってみたいと思います。

家の中で外部に面する部分というのは、外壁、屋根、1階の床、そしてになります。

断熱とは、文字のとおり[熱を絶つ]です。外部に面する部分から熱の移動を妨げることなんです。

窓やドアは[開口部]と呼ばれるところなんですが、開口部の断熱性能は他の部分に比べて極端に低いのです。

家全体でみると、夏では実に70%程度の熱が開口部から出入りし、冬は50%程度の熱が開口部から逃げていきます。

窓の断熱性能は、サッシとガラスで決まります。

日本では長くアルミサッシが使用されてきましたが、アルミは熱を伝えやすいため、断熱という面では不利になります。

最近では、外部側がアルミで内部側が樹脂という複合サッシが流行っています。これは、断熱性能が高いのが特徴です。

さらに、すべて樹脂というサッシもあります。

次にガラスの性能についてですが、一昔はすべて単板ガラスでした。

それから複層ガラスがでてきました。複層ガラスでは熱の出入りが単板ガラスの半分になりました。

そして最近主流のLow-E複層ガラスでは熱の出入りが単板ガラスの1/3程度です。

さらにLow-E複層ガラスの空気層にアルゴンガスを封入したものでは、熱の出入りが複層ガラスの1/2にまでなっています。

快適な空間を作るには、熱の出入り(移動)をできる限り少なくするということが大事です。

ちなみに、【ファースの家】の開口部には、アルミ樹脂複合サッシ(三協アルミ製)にダブルLow-E被膜複層サッシ(アルゴンガス封入)が使用されます。