1 / 11

ファースの家

生きてる空気と暮らす家。心地よい室内環境を考えた家づくり。

「ファースの家」は、夏は涼しく冬は暖かく、最適な温熱環境を意識した住宅です。
快適な温熱環境のために必要な4つの条件をコントロールし、住宅の中に取り入れたのが「ファースの家」です。
その気密・断熱の高い性能から、少しのエネルギーで快適に暮らせる、省エネ住宅です。

jouken_2

温度 「ファースの家」ならではの、外・内断熱をダブルで組み合わせ、高い断熱性能を湿原しています。そして、ファース専用断熱材「エアライト」の吹き付け工法による高い気密性で、室内の冷暖房の熱を外に逃しません。また、構造体の中に空気を循環させるため、構造体内も最適な温度に調整され、家全体の空間をほぼ一定に保ちます。そのため、基礎・壁・天井から輻射熱で、マイルドな冷暖房空間の中で生活する事が出来ます。
湿度 室内の温度は、人が快適に暮らすためにはとても大切なポイントです。例えば夏場では同じ温度でも、湿度が高ければ不快に感じるのです。ファースでは床下に敷き詰めた、炭の約40%〜60%の湿度を保てるように工夫されています。
空気の清浄 「ファーストの家」の新鮮な空気のポイントは、取り込まれた空気を循環させるシステムにあります。まず、家外から換気システムで取り入れた新鮮な空気を床下に通し、「スカットール」で空気を清浄します。「スカットール」は、お菓子などの食品の乾燥剤にも使用しているシリカゲルをファース工法用に処方したもので、湿気を吸放湿するほか、空気中のホルムアルデヒドなどの化学物質や、タバコの臭い、そのほかの有機ガスなどの汚染物質を吸着し、空気をきれいにする効果もあります。その綺麗になった空気を循環させて、家中に行き渡ります。
空気の流れ 人が快適だと感じる室内気流は、0.1~0.2m/秒だといわれています。おそらく0.2m/秒くらいから肌に気流を感じる程度の風量になります。「ファースの家」ファースでは、外から取り入れ清浄された空気を、断熱材と内壁に間に設けた通気層から、各部屋へ送り込みます。そのため、ゆるやかに新鮮な空気を獣姦させる事が出来ます。

ファース工法は、様々な公的認証の数々、特許を取得しています。

「ファースの家」公的認証の数々

断熱評定
■断熱評定
平成5年12月22日 (財)住宅・建築 省エネルギー機構
樹脂による現場スプレー発泡方式では、日本で初めて「断熱評定」を交付されました。
 
特別評価方法認定
■特別評価方法認定【気密方法】
平成14年2月15日 国土交通大臣
樹脂発泡での断熱工事で、床、壁、屋根面を一体に包み込む事から断熱との単一施工で極めて高い気密性能が確保でき、国土交通大臣の認定を交付されました。
 
ソーラー住宅システム認定
■ソーラー住宅システム認定【次世代型】
平成15年4月1日 (財)建築環境・省エネルギー機構
冬場は日射熱を室内に取り込み暖房省エネをはかり、夏場は高い太陽高度を利用して日射熱を遮蔽し、冷房と暖房に使用するエネルギーを大幅にカットした、次世代型ソーラー住宅システム認定を交付されました。
 
木造住宅合理化システム
■木造住宅合理化システム次世代耐用性能タイプ認定
平成16年4月1日 (財)日本住宅・木材技術センター
品質確保促進法の劣化対策の最高等級(新築から75~90年間、構造躯体に使用されている材料の大規模改修を必要としない)以上の性能保持が評価を受けました。
 

(続きを読む…)