建物の寿命

IMG_0187

いよいよ取り壊しにかかっている旧氷見市民病院です。

会社の目の前にあるので、毎日様子を見ることが出来ます。

前の診療棟は昭和40年代、後ろの手術棟および病棟は昭和50年代に建てられたそうです。

となると、両方ともおよそ30~40年経ているのですね。

建物としては、案外短い寿命だったような気がします。

法隆寺と比べれば、ぜんぜんですね。

建物も手入れ次第ではちゃんと長く持つのですが・・・。

残念ながら、市民病院はスクラップアンドビルドとなってしまいました。

長く使える、長く愛せる(愛される)建物を造りたいですね。